鏡を見ている女性

抗生物質の成分クリンダマイシンを含むのが、ダラシンTゲルです。赤いニキビや化膿しているニキビの治療の際に使う外用剤であり、アクネ菌の増殖を抑えます。化膿性炎症のニキビの改善に力を発揮するのが、ざ瘡治療用外用抗生物質製剤ダラシンTゲルです。抗菌作用リンコマイシン系の抗生物質であり、細菌のタンパク質合成を阻害します。

強い殺菌作用があるを持つのもダラシンTゲルの強みであり、患部の細菌への抗菌作用により、赤ニキビや化膿しているニキビの炎症をおさえます。化膿性炎症を伴うざ瘡治療に使われますが、中等度以上のひどい状態になってるときには、抗生物質の内服薬も処方されることも少なくはありません。

アクネ菌は尋常性ざ瘡の原因菌であり、抗菌作用としてクリンダマイシンが働くことで化膿性炎症ニキビなども治療していきます。男性ホルモンが優位になることで、毛穴からの皮脂分泌は増加しますが、これも尋常性ざ瘡の原因です。毛穴が古い角質や過剰な皮脂、汚れなどが塞がれてしまうと、出口のない状態になります。その下で増えてしまうのがアクネ菌であり、皮脂も大好きなのでどんどん繁殖をします。普段は悪さをすることはなく、人間の肌に住んでいる常在菌です。肌荒れをしていない健康な皮膚の人にも、必ず存在をしていますが、善玉菌と悪玉菌の2種類がいます。phを弱酸性に維持するのは善玉菌であり、病原菌が繁殖をしないように働いてもくれる正義の味方です。

一方で悪玉菌は皮脂をエサに毛穴に潜みながら増える性質があり、酵素のリパーゼをつくります。悪玉菌が増えて酵素のリパーゼが大量につくられると、分解した脂肪により遊離脂肪酸が誕生し、毛穴を刺激する溜め症状は悪化をする流れです。

生命維持をして行くためにも増えるためにも、最近にはタンパク質合成が求められます。器官のリボソームでその作業は行われますが、リンコマイシン系の抗菌薬がクリンダマイシンです。リボソーム50Sサブユニットに対して働きかけて、ペプチド転移酵素反応を阻害する作用をもたらします。こうしてタンパク質合成阻害作用を発揮するため、赤ニキビや化膿しているニキビにも効果を出すことが出来るわけです。

嫌気性菌群やグラム陽性球菌群などの細菌に、クリンダマイシンは強力な抗菌作用で対抗をします。抗菌作用をあらわすことで、原因菌のコアグラーゼ陰性ブドウ球菌や、アクネ菌に抗菌作用をもたらす役割です。

皮膚の症状として注意をするべきことは、ツッパリや刺激を感じることがあることですが、ほかにもいくつかあります。発赤などがあらわれたりかゆみを生じたり、皮膚にパリパリ感を感じることもあります。肝機能症状としては稀に総ビリルビンの数値に異常が出ることもあります。

タンパク質の合成を強い力で阻害して、アクネ菌に抗菌作用を発揮するダラシンTゲルは、患部に直接塗布するタイプです。メイクをしたままや汚れた状態ではなく、必ず使用前には洗顔などで肌を清潔にします。綺麗な状態にしてから、患部に適量を塗りますが、使用は基本的に1日に2回です。症状や疾患に関しての注意としては、過敏症の場合は刺激の強さを感じるかもしれません。

使用にあたり起こる可能性のある副作用にも理解が必要であり、皮膚つっぱり感や刺激感があったり、そう痒や発赤もそうです。皮膚がパリパリしたり蕁麻疹、他にもAST上昇や総ビリルビン上昇に尿蛋白、発赤悪化などのリスクもあります。重大な副作用になると腹痛や頻回の下痢、血便に偽膜性大腸炎なども考えられることです。ですが基本的に皮膚科などでも処方をしている医薬品ですから、正しい方法で使うことでニキビを順調に改善していくことができます。

記事一覧
肌が綺麗になったらケアプロストでパッチリ目元にしよう

美しい肌を手に入れる顔の手入れは毎日のスキンケアの積み重ねであり、綺麗になったら今度は目元パッチリを目指します。日本人と欧米人のまつ毛にはかなり違いがあり、外国人のよりも日本女子のまつ毛は寂しい状態です。欧米人の方が長さも角度も密度まで、目元パッチリの条件がそろっています。でも日本人でも理想の目元を...

2019年11月06日
シミ・シワができたらトレチノインとハイドロキノン併用で美肌を目指す

肝斑や老人性色素斑などのシミや、年齢を感じさせるシワはトレチノインとハイドロキノン併用で解消へ導き、美肌を目指すことができます。シミの中でも最も多いのが老人性色素斑のタイプであり、今まで浴びてきた紫外線の蓄積により生じますが、年齢が上がるほど色素が濃くなるのも特徴です。日差しを浴びてすぐにあらわれる...

2019年10月21日
肌が綺麗になる方法をご紹介します

肌が綺麗になるためにも正しいスキンケア方法をマスターすること、生活習慣を改めて内側と外側の両行からアプローチをしていきます。皮膚がとても乾いた状態なのは、ドライスキンかもしれません。表皮角質層の水分が極度に減少をすると、皮膚のバリア機能は低下をします。肌荒れを起こしやすくなりますし、かゆみを伴うなど...

2019年11月23日