• ホーム
  • 肌の乾燥を改善する方法を教えます

肌の乾燥を改善する方法を教えます

2019年12月18日

肌の乾燥を改善するためにも、日頃からストレッチを習慣にするのは良い方法です。体内の筋肉が順調に働くと血液ポンプも比例してスムーズに働くため、血液やリンパの流れも良くなります。全身に水分や栄養が届けられるので代謝も高まり、皮膚のターンオーバーも促進されるので、健康な肌になる秘訣です。

筋肉が硬直をしたままだと全身の血行が悪くなって、全体に栄養や水分が行き渡らず、老廃物ばかりが溜まります。角質層は外部刺激から守られないので、代謝は余計に下がるばかりです。皮膚の新陳代謝が滞り、保水力も低下しては、乾燥肌は悪化しますし肌老化も早まります。習慣としてストレッチをすることで、身体は柔軟になり血行も良くなるので、栄養も酸素も水分も隅々にまで届けられて、潤いのある肌を手に入れることも可能です。

水分不足はお肌の大敵であり、基礎化粧品の化粧水からだけではなく、口からの水分補給もこまめにするようにします。砂糖を大量に使った清涼飲料水やアルコール類、コーヒーなどのカフェイン飲料では本当の水分補給にはなりません。

眠気覚ましや仕事の合間のブレイクタイム、お友達とのカフェタイムなど、コーヒーを口にする機会は多くあります。覚醒作用のカフェインを含みますので目が覚めますし、運動機能を向上させたり、血流を良くして利尿を促すなど、様々な働きを持つのもコーヒーです。

気を付けたいのは過剰摂取であり、利尿作用は効能のひとつではあるものの、必要なミネラルやビタミンまで体外に排出させます。健康な肌に必要な栄養素が不足をすることで、皮膚は乾燥して肌荒れを起こしてしまうためです。カフェインを含む飲み物は全般に、そうした作用がありますので、緑茶や紅茶なども飲みすぎないようにします。

乾燥肌対策の水分補給は、混ざり物が入らないシンプルな水です。脱水症状に陥った皮膚は機能が低下していきますが、たっぷりの水を飲むことで水分が行き渡り、皮膚のバリア機能も向上をします。

入浴時間にも気を付ける必要があるのは、長時間の入浴は皮膚の乾燥を激しくさせるためです。浴槽のお湯は低めの38℃から40℃くらいの温度に設定にして、乾燥対策には保湿入浴剤を使用することもできます。対策がきちんとできていることで、入浴時間を美肌のために効果的に活かすことが可能です。

ホットタオルを活用したパックは、肌の血行を良くすることのできる方法です。化粧水やクリームなどの基礎化粧品の浸透を上げるためにも、洗顔後にホットタオルを顔にのせるのも効果があります。洗顔後はたっぷりの化粧水で水分補給をすること、乾燥肌は水分の多い乳液よりも、保湿効果が高いクリームを使うことです。

食生活の面からも乾燥対策は必要であり、納豆などの植物性タンパク質も食べるようにします。栄養バランスの良い食生活は丈夫で美しい肌をつくりますが、納豆にはタンパク質以外にも肌の保湿を高めるビタミンEやセラミドも含まれるためです。

関連記事
肌が綺麗になったらケアプロストでパッチリ目元にしよう

美しい肌を手に入れる顔の手入れは毎日のスキンケアの積み重ねであり、綺麗になったら今度は目元パッチリを目指します。日本人と欧米人のまつ毛にはかなり違いがあり、外国人のよりも日本女子のまつ毛は寂しい状態です。欧米人の方が長さも角度も密度まで、目元パッチリの条件がそろっています。でも日本人でも理想の目元を...

2019年11月06日
美肌になると言われているプラセンタを試してみましょう

真皮層にあるのが線維芽細胞であり、エラスチンやコラーゲンにヒアルロン酸などを生み出す細胞です。プラセンタの優れた力の一つは、線維芽細胞増殖作用であり、美肌成分生成をサポートします。ヒアルロン酸は皮膚の水分量を保持して潤いをつくるために必要であり、エラスチンやコラーゲンが豊富にあることで、肌にはハリや...

2020年01月25日
シミ・シワができたらトレチノインとハイドロキノン併用で美肌を目指す

肝斑や老人性色素斑などのシミや、年齢を感じさせるシワはトレチノインとハイドロキノン併用で解消へ導き、美肌を目指すことができます。シミの中でも最も多いのが老人性色素斑のタイプであり、今まで浴びてきた紫外線の蓄積により生じますが、年齢が上がるほど色素が濃くなるのも特徴です。日差しを浴びてすぐにあらわれる...

2019年10月21日
肌が綺麗になる方法をご紹介します

肌が綺麗になるためにも正しいスキンケア方法をマスターすること、生活習慣を改めて内側と外側の両行からアプローチをしていきます。皮膚がとても乾いた状態なのは、ドライスキンかもしれません。表皮角質層の水分が極度に減少をすると、皮膚のバリア機能は低下をします。肌荒れを起こしやすくなりますし、かゆみを伴うなど...

2019年11月23日
シミやシワの原因は紫外線が関係あります

シミやシワの原因は紫外線であり、紫外線A派のUVAが肌老化を招いています。全紫外線のうちでもUVAは地上に届くうちのおよそ95%であり、エネルギー自体はそれほど強くはありません。ですが照射量がとても多くて、さらに浸透力に長けていることから、皮膚にとっては深刻な影響を与えてしまいます。UVAを浴びるこ...

2019年10月01日
洗顔方法を変えるだけでニキビが出来づらくなります

洗顔をする際に顔に直接シャワーを当てて行う方法は、強い水圧が皮膚への刺激になるのでNGです。身体を洗う時に一緒に顔にも直接シャワーで洗えば手間はないですが、体に使うお風呂のお湯の温度は顔の皮膚には高すぎます。バスタイム時のお湯の温度は40度前後であり、身体よりも薄い皮膚を持つデリケートな顔の肌にとっ...

2019年09月11日
ニキビができてしまう原因と予防法を教えます

ホルモンのアンドロゲンはニキビができる原因のひとつであり、副腎や卵巣で産生される、ホルモンのテストステロンがあります。そこから変換されるのがDHTであり、皮脂腺を刺激するため過剰な皮脂分泌となるため、症状を悪化させる要因です。問題となるアンドロゲンを抑制するために、皮膚科などの医療機関では薬剤を用意...

2019年08月31日